スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロンドン3日目〜実質最終日〜
実質最終日となるこの日、唯一嫁と友達らと一緒に行動する日でした。
しかしそんな日にも関わらず、予定は割とザックリめなスケジュール。
基本的に日本で既にインターネットで事前予約してあるロンドンアイとマーケットへ行ければ良いイメージでした。

Abbey Road
そんな訳で、本来まったく予定に入れて無かったのだがまずはじめに向かったのが、アビーロード(笑)正直そんなビートルズ愛がある訳ではないのですが、とりあえず行ってみた。
そしたら、呆気ないほど普通過ぎる横断歩道。。。。
ところが熱狂的ファンなのか、車の往来が落ち着く度に何度も横断歩道の途中で止まって、写真を撮り合うグループがいたり。あと面白かったのが、ふとっちょのおじさんが、友達に突然「撮ってくれ!」と猛ダッシュで駆け寄って来て「Sure!」と友達は返答しカメラを預かりお互い慌てながらも、おじさんは急いで横断歩道にスタンバってポーズを決め、撮り終えるなり駆け寄ってチェックをして「Perfect」と言って走ってどっか行っちゃったなんてことも。
と、そんな訳で自分達も一応撮っておいた。

Big Ben
アビーロードを見終えると、12時入りの事前予約をしていたロンドンアイを考えて、近くにある国会議事堂ことビッグベンへ向かった。
駅から地上に出るとそこは時計台の真下で、その迫力にテンションが急上昇!やっぱ名所はテンション上がる(笑)
そしてテムズ川にかかる橋周辺はホコ天になっていて、皆が皆思い思いにビッグベンと写真を撮っていた。ところで大体名所にあるのがB級お土産屋さん。そこで、B級マグネットをいくつか購入。立体的なマグネットって結構ツボかも。ゴツゴツしてるから。

London Eye
そんな訳で橋を渡り終えて、川沿いにある大観覧車のロンドンアイへ。20人ぐらいが一気に乗れるカプセル型のユニークな観覧車です。結構楽しみにしてました。
日本でプリントアウトしてきた控えを持ってチケット引き換え端末へ向かうと、一般購入の窓口が凄く並んでいて驚いた。日本から行く人は必ず日本で予約して行ったほうが良いでしょう。
そんな訳で時間までお土産屋さんチェック。トートバックも魅力的だったが自分はとりあえずオリジナル手動式ライトを購入(笑)
その後少し並んでから、無事にカプセルに乗り込む。
はっきり言って、ロンドンに行く方は絶対乗ったほうが良い!楽しい!
自分らの場合凄く運が良くて、丁度乗り込んだタイミングで天気も雲一つ無い天気で快晴に!遠くは若干ガスってましたが、もう最高でした。
で、観覧車も終わり間際、ジェットコースターとかでよくある記念撮影スポットがあり、積極的に写り込む。
それから観覧車を降り、記念撮影写真を見れる場所へ行き、普通であれば俺の場合絶対に買わないサービスなんだけど、その写真があまりに面白くて買ってしまった。基本的に写ってるのが、俺ら3人と4人の家族と東洋人1人というメンツ。その写り様のあまりのシュールさに何度見ても笑ってしまうのである。

wagamama
そしてロンドンアイの後は川沿いを歩いていると大道芸人らが色々居て、その中でも注目すべきは、中国からやってきたミッキーマウス。本当に中国から来たかは分からないけど、全力で嘘っぱち過ぎて逆に注目してしまう。その他にユニークな芸人が多くて思わずしばらく見てしまった。
そしてしばらくしてからランチの場所を探すとwagamamaという日本食レストランを発見。その名もwagamamaラーメンを食う。
ところが、具のセレクトが日本のラーメンと比べおかしいのある。しかしこれも海外ならでは(笑)
ちなみに、揚げ豆腐・エビ・マッシュルームが入っていた。けど、意外にイケた。それと、麺も変わっていて、米粉を使っているんだろうか。ていうか米粉って食べたことないから分からないんだけど。

Old Spitalfields Market
ランチを食べ終えると、少し歩いてwaterloo駅から、数あるマーケットの中でも日曜にやってるOld Spitalfields MarketのあるLiverpool street駅へ向かうことに。
ちなみにLiverpool street駅はwaterloo駅から見て対角線上にある駅でややアクセスが面倒そうな場所にあるのだが、Liverpool street駅の隣駅であるBank駅とを4分で繋ぐ奇跡の地下鉄があって、Waterloo &City線というラインで、当然俺らはそれに乗ろうと思いプラットフォームを探したら、なんと日曜日はやっておらず、わざわざ遠回りせざるを得ないルートで無駄に時間を掛けて向かうことに…。効率的に回るつもりが、まさかの日曜クローズで、非常に悔しかった。。
そんな訳で、Liverpool street駅に到着し、またもやiPhoneのGPS片手にOld Spitalfields Marketのある場所へ。

と、その前に個人的に実は行きたい店が近くにあったので、嫁らとはちょっと一時的に別行動を取ることに。。その店とは、Concrete Hermitと言ってロンドンの若手アーティストを発掘してるギャラリーショップ。
ところがどっこい、行ってみるとまさかの休業日でシャッターが閉まってる!!!なんとも悲しい。。。そんな訳で意気消沈して来た道を戻ることに。。。ただ、その道は結構これまで見てきたロンドンとは雰囲気が異なり、むしろかなりロンドンっぽい雰囲気だった。オシャレな若者が沢山いて賑わっている通りで、その少し荒れた感じがまた良かった。

で、ようやくマーケットに入ってその巨大な規模に度肝を抜かれる。店の種類は様々だったが、アンティーク品を売ってたり、若手アーティストが自分の絵をプリントしたTシャツを売ってたり、絵や版画を売ったりと、通常のショップでは売られていない掘り出しが見つかりそうな感じ。ま、それがマーケットなんだけどさ(笑)
そんな訳で味のあるふくろうのTシャツを購入。ちなみに、CONQUERという個人ブランドのもの。あと、友達は版画を売っていた男がカッコいいとのことで、版画を思わず購入していた。いやまぁ普通に版画も良かったんだけどね。ちなみに、ConsumerRevoltというところのもの。
その後、マーケットを出て周辺の通りを少し歩くと、albamというアパレルショップがあり、結構好みなテイストで思わず入る。すると、ピーコートに超似合う赤のトートバックがマネキンに飾ってあり、「男のくせにバック持ち過ぎだろ…」と思いつつ、どうしても欲しくて嫁と折半して買おうと提案。そして承諾へ得て見事ゲット。

とまぁ、この後、結構時間的にあらゆる店が閉まりだす時間でどうするかなぁと思い、「そういえばデパートって一件しか行ってないじゃん」と思い出し、せめてHarvey Nicholsだけでも…。という訳で、Harvey NicholsのあるKnightsbridge住所:駅へ。

Harvey Nichols
ところが、着いた時には閉店10分前ぐらいで、かなりザックリ見た感じに。。けど、あまり大したこともなさそうな感じだったので丁度良かったかも。。

という訳で、ホテルのあるPadington駅へ戻ることに。ところが、ハイドパークを突っ切って行けば速攻で着くのだが、公園の下に地下鉄は通っておらず、やや遠回りして行くことに。。
Earl's Court駅を経由してPiccadilly線に乗りEarl's Court駅でDistrict線に乗り換えて行くのだが、このDistrict線が若干ややこしい路線で、Earl's Court駅で四方に別々の路線が伸びている不思議な路線で駅もなかなか面白かった。

最後の晩餐
そんな訳でホテルに到着し、旅の最後のディナーはホテル近くの肉料理のお店へ入ることに。これが量も多くて美味しいったらありゃしなかった。
イギリスの飯はマズいという通説は、最早過去のことだと思う。

























































ビッグベン周辺 ロンドンアイの中 ただ気味が悪かった芸
| チューリッヒ&ロンドン旅行記 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:03 | - | - |









http://harax.jugem.cc/trackback/1249
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
■ PROFILE
■harax infomation

Tumblrもやってます。
■podcast
ポッドキャストをやってました。もう音源の更新はありませんが、ボタンをクリックするとiTunesに登録されて、今でも聞くことが出来ます。
テーマに基づいた15分ぐらいのDJミックスをお届けしています。ミックスしてないのもありますが…。

ポッドキャストの内容が聴けます。
■DJ-MIX

■ NEW ENTRIES
■ RECENT COMMENTS
■ RECENT TRACKBACK
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ LINKS
■ OTHERS
■ BLOG PEOPLE
■ AD
Since 2004.7.28
all:
t:
y:
RSS feed meter for http://harax.jugem.cc/
このページの先頭へ